化粧品の輸入・製造販売許可等の薬事申請ならおまかせ下さい
(有楽町線銀座一丁目徒歩3分)(月~金 9時~18時)@agate.plala.or.jp
化粧品の輸入・製造販売許可等の薬事申請ならお任せ下さい
輸入代行のご案内

輸入代行とは?

輸入代行とは、自社で化粧品の許可が取れない場合に、許可を取得している会社さんに輸入をしてもらい、そこの会社から卸してもらう事を言います。

この場合、自社では許可を取る必要がありませんので、薬剤師等の人件費がかからず、煩雑な薬事申請も必要ありません。

ただし、あくまで許可をもっているのは、輸入代行会社となりますので、製品の表示は輸入代行会社との連名表示となります。

例:製造販売元 ○○輸入代行㈱
   販 売 元  ○○輸入代行依頼会社㈱

輸入代行の流れ

輸入代行は概ね下記のような流れとなります。

ステップ1 製品検討(1ヶ月~)

商品のサンプルと成分表を取得して、成分分析へ依頼する
担当:株式会社ブルーム等
必要書類等:商品サンプル、全成分の成分表(INCI名)
必要料金:1製品につき5万円~(色素、紫外線吸収剤等配合製品の場合+2、3万円など処方によって異なります。)

ステップ2 輸入許可手続き(2週間程)

担当:行政書士事務所
必要書類等:海外の製造元の会社名等
必要料金:無料

ステップ3 法定ラベル作成

担当:行政書士事務所
必要書類等:商品サンプル
必要料金:1製品につきデータ作成費3,000円+印刷費用1枚5円

ステップ4 通関手続き

担当:通関業者
必要書類等:インボイス等
必要料金:輸入代行手数料+輸送費、税金、通関費等の実費(国や商品の数量、輸送方法、輸入頻度等によって異
なりますが、仕入れ価格×5%~となっております。

ステップ5 倉庫業務

担当:倉庫会社
必要書類:作業指示書
必要料金:商品数、作業内容によって異なります。